ふじわかメール
管理者藤永一郎
プロフィール

幼少期

中学時代

高校時代

大学時代

特訓で主将へ


修行時代

ふじ若丸開店


その後



幼少期

1959年(昭和34年)5月19日おうし座 O型、正一(現会長)の鮮魚店の長男として生まれる。
小学校の頃から勉強はあまりしないが、スポーツ大好き少年であった。
大野小学校中学校が目の前にあったため、始業時間ぎりぎりで毎朝駆け足で通っていた。
そのため足は速く、運動会ではリレー選手にいつも選ばれていた。小学校ではソフトボールで活躍し大会ではホームランを打ちピッチャーをしていた。学校の大会で6年の時は優勝した。

このページの先頭へ



中学時代

中学2年の時からさだまさし(当時グレープ)に憧れフォークギターを始め、中3のときは、友人と組んで佐世保医師会館や県北会館でコンサートをした。
松任谷由美(当時荒井由美)かぐや姫、チューリップ、吉田拓郎、泉谷しげるなどの曲をコピーした。その時のギターがまだ押入れにある。中3の時は通信教育で勉強しアマチュア無線(ハム)の国家試験をとりに熊本で受験し合格した。

中学校から大学までは、ハンドボール部に所属し、各学校で主将をつとめた。大野中学校3年時は県内の大会はすべて優勝して九州大会に参加、初めての県外遠征(鹿児島)で試合前日遅くまで大騒ぎし、寝不足がたたり2回戦で惜敗し、長崎県2位のチームが九州大会優勝、全国大会2位となり屈辱を味わう。

このページの先頭へ



高校時代

その時の主力メンバーが佐世保西高校に入学、翌年ハンドボール長崎国体メンバーの鎌田先生が西高へ赴任し、練習に明け暮れた次第に実力をつけ始める。
高校3年時には、インターハイに初出場し全国3位の成績をあげた。
その年、全日本学生代表も選ばれ韓国遠征する。長崎スポーツ賞を個人、団体で受賞した  

このページの先頭へ


大学時代         
高校時代のハンドボールの成績のおかげで、スポーツ特待で日本大学商学部商業学科へ進み、東京都世田谷区桜上水で4年間日本大学ハンドボール部合宿所生活を送る。

1年の夏休みにはスポーツ少年団代表で西ドイツノルウェーに約1ヶ月ほどホームステイし、スポーツ交流をする。

日大ハンドボール部では、1年から2年の秋までは、努力はしていたが、けが等もあって、まったく認められず、試合はおろか、ベンチにも入れなかった。いつも試合の時には観客席で応援ばかりしていた。

佐世保西高校の一年後輩が日大に入り、関東リーグ戦ででユニフォームを着て得点をあげる。
2年の秋インカレ(福岡)があり彼が試合に出て私は応援席で声を上げていた。福岡での試合であったため佐世保西高校の同級生が応援に来てくれたが、これほど惨めなことは無かった。

大学運動部には毎年全国から有望な新入生が入ってくる。2年生の冬までに一度でも試合メンバー15名に選ばれないとその後公式戦に出ることはありえないという伝説があった。

私もその仲間にすでに入っていることを実家の父に話した。すると、そんな常識であきらめるのか、卒業するまで努力をしないなら大学を辞めて帰って来いと言われた。電話で初めて泣いた。涙が止まらなかった。父の温かい言葉が身にしみた。

悔いが残らないように卒業するまで試合に出るために精一杯練習することを誓った。

このページの先頭へ


特訓で主将へ

ちょうどその頃「ロッキー」を見て、発奮し、最後の特訓を行うことをちかった
2年生の年末休みに佐世保に帰り、佐世保北部瀬戸越町にある有名なお寺・西蓮寺の長い長い階段(150段くらいある)を往復、縄跳びと腹筋、腕立て伏せなど足腰の強化と、筋力トレーニングをおこなった。

そしてチャンスが訪れる。3年の春リーグ前の練習で、4年生が捻挫し控えの控えだった私にそのポジションが回ってきた。

春リーグにいきなりレギュラー入り、その秋リーグの終わりには、監督よりキャプテンに指名された。4年の夏には、全日本学生代表選ばれてニューカレドニア海外遠征をする。秋リーグには、関東学生一部リーグベストセブン受賞した。
関東リーグは全国で一番レベルの高い大学リーグで実業団で活躍している選手のほとんどはこの賞を受賞している。
全日本エース宮崎大輔選手(日体大)も受賞している。

このページの先頭へ


修行時代


大学卒業後、ハンドボールの実業団(中村荷役)からのお誘いを断り、テレビの料理番組で有名な大阪阿倍野辻調理師学校へ行き、夜は京橋の平八亭(居酒屋)でアルバイトをする。

その後、すし・割烹福井(奈良 生駒)に入り日本料理の本格的な修行に入った。最初に入った割烹福井の福井幸男氏の紹介で千早(大阪 喜連瓜破) 、大和屋三玄(ホテルの日本料理店 東洋ホテル内 大阪中津)、魚慶(仕出し店 枚方藤阪 京阪線沿線)等で8年ほど修行した。88年29歳で佐世保に帰り、有限会社ふじ・ながの社長となる。

88年本店をすし、仕出し店へ改装して売上を伸ばす。2年後、箱商業界箱根本ゼミに参加し、自己の経営能力不足を痛感し、その後 勉強会(商業界、ペガサスクラブ)に積極的に参加する。

90年ペガサスクラブの米国視察セミナーに参加し、当社の現状への危機感を強め帰国する

92年春 西田鮮魚店社長とペガサスクラブの勉強会で知り合い、すし家族三次店(すし若丸のモデル)を見学する。秋に本店近くにあった郵便局跡地200坪(現在のすし若丸大野店の土地)を落札する


このページの先頭へ



ふじ若丸開店

94年、回転すし すし若丸大野店 を開業する。開店の年、20年ぶりの猛暑と、給水制限、タイ米の使用等を余儀なくされ、厳しい船出となる。翌年、起死回生の半額セールを行い、以来4年間2桁の売上の伸びを継続した。

96年、長崎 江山楼社長 王国雄氏よりペリカンクラブにお誘いを受け、入会を許可される。この会には、全国でも著名な飲食店が参加され毎年、各地で勉強会が開催され、著名な多くの社長さんから、指導を受ける       
主な会員
芝寿司(金沢)
リンガーハット(東京)ラッキーピエロ(函館)小松製菓(岩手県二戸)富すし(新潟県上越)赤兵衛(東京足立区)かねき(土浦)まるはち(名古屋)三府すし(大阪)まるとく(尼崎市)カーササローネ(鹿児島県さつま市)なりざわ(鹿児島県大口市)など約100社


97年、当時九州一の売場規模(駐車場1700台)をほこるジャスコシティ大塔の一階食品フロアへ鮮魚店での出店要請があり、勇んで出店する。が、駐車場の不備や、競合店との値引き合戦等があり、平日の客数の落ち込みが激しく、予想を大幅に下回る売上が続いた。いろいろな方策を試みたが、回復の見込みが立たず、多くの赤字と借金を抱ながらも、翌年6月ジャスコ店を撤退する。

98年、ジャスコ店撤退の翌月、7月にすし若丸早岐店をロックショッピングタウン早岐(ウェルマート<SSM>、ホームワイド<HC>めがねの三城<SS>、ダイソー100円ショップ<VS>等7店、駐車場500台、敷地9800坪)に出店する。ショッピングセンター隣接の立地のため、いきなり大野店の開店当時の約3倍以上を売りあげた。

新店舗の出店と鮮魚店の撤退等が重なり朝の4時から夜は9時過ぎまで仕事をし帰宅は10時過ぎであった。
家に帰ればご飯を食べて寝るだけの会話のない毎日であった。
もちろん休みも無く、責任感だけがささえでいつ倒れてもおかしくないほど心も体も疲れていた。
家族との会話や子供たちとの触れ合う時間もなかったやがて家庭は破綻し離婚。

二人の息子は自分が引き取り、母に世話になりながら育てた。

現在ハンドボール部で活躍している。
長男は関西学院大学へ進学し今年2年生。高校3年の(08年3月)全国選抜で3位となる。
次男も兄と同じ長崎瓊浦高校へ今年3年生。大野中学3年のとき県選抜チームに選ばれ(07年12月)九州大会優勝、全国ベスト8となった。

このページの先頭へ


その後

2000年6月
現在と妻と知り合い結婚、02年男の子が生まれる。今年は大野小学校2年生。

2002年10月 国道202号線沿いに 3号店 ふじ若丸中里店を出店

2002年 12月 競合店が相次いで出店し、売上が減少したため早岐店を改装、レーンの中に入って人が握れるようになる同時に店名をふじ若丸早岐店と改名したしかしまた近隣に100円すし店が出店し売上減少が続く。

2003年 4月 
大野店の近隣に100円すし店が出店し、売上が減少。大野店改装 同時に店名をふじ若丸大野店に改名

2003年8月 
オズ支店(鮮魚店テナント)を閉鎖

2005年7月佐世保ハンドボール協会副会長に就任

競合店に対抗するため、改装や商品や接客の見直しを行ったりスタッフの刷新等も行ったが売上増加はかなわず赤字が続いた。断腸の思いがあったが、ペリカンクラブの先輩との相談し、営業は困難と判断、2005年10月に大野店を閉鎖。11月早岐店を閉鎖する。

その後ふじ若丸中里店とふじ・なが本店の営業に専念する。
ふじ・なが本店は
翌年2階のランチを営業し、好評を得、法事等の注文が増える。

ふじ若丸中里店は
新メニューや季節メニューを充実させ、自らお寿司をにぎったり、手焼き玉子焼きを焼いている。


更新
平成22年3月20日

このページの先頭へ


ふじ若丸 携帯
ホームページ